オーディションを受ける前に基礎知識をリサーチ|チェック項目を公開

舞台

面接でアピールしよう

芸能や演劇のオーディションに参加される方は、事前に気を付けておく点も把握しておきましょう。まず、見た目の印象も大切な要素となるので清潔感のある服装を心掛けましょう。緊張しやすい方は事前に練習を行っておくとオーディションに臨みやすくなります。

詳しく見る

ステージ

芸能界へ入るための方法

華やかな芸能界、アイドルや俳優、声優になりたいという若者はいつの時代でも多くいます。そうしたアイドル、俳優、声優になる方法はどんなものがあるのでしょうか。一つは、スカウトがあります。原宿、渋谷といった繁華街ではスカウトが行われます。もう一つは、オーディションを受けることです。

詳しく見る

ニュース一覧

知っておきたい豆知識

女の人

オーディションを受ける前に技術的な練習を積んでいく人は多くいるだろう。しかし意外にもオーディションで見られるのは技術的な面ではない。むしろ「将来性」や「協調性」などの人間性を見られることが多い。人間性に関してはいくら練習しても良く見せることは出来ないので普段からの心がけが大切である。

詳しく見る

芸能界入りする前に

ウーマン

オーディションを受けるに当たってまず最初は履歴書を提出しなけれなばならい。ここでは自己PRを確実な物にするため自己分析をしっかり行って記入する。そうすることでオーディション本番でも自分の良さを表現することが可能になる。

詳しく見る

夢を実現できる

楽屋

女優や歌手だけではなくオーディションはモデルやグラビアタレントなど幅広く人材を求めて行われています。オーディション情報を集め自分にあったものを選んで申し込みます。オーディションには誰でも参加できるものと主催者側から参加を求められるものとがあります。

詳しく見る

事務所の空気に合うか

撮影

下調べが重要

声優や歌手、俳優や女優になろうと思ったときは、芸能事務所のオーディションを受けるという手があります。スカウトを待ったり、直接自分を売り込んだりするのも一つの手ですが、こういった機会は常にあるものではないため、オーディションがより確実な方法といえます。オーディションと一口にいっても、事務所に入るためのオーディションもあれば、劇やドラマのキャストを採用するためのオーディションもあります。ドラマなどでは本当の素人を募集してオーディションを行うこともありますが、声優などでは事務所に所属しきちんとした技術を持っていることが前提となります。そのため、あらゆる目的で芸能界を目指すにしても、まずは事務所に所属するのが最優先といえます。事務所に入ろうとした場合は、まず自分がどのような場面で活躍したいのか、そのためにはどこの事務所に入りたいのかを考えて調べることが重要です。写真モデルがメインの事務所もあれば、俳優や女優など演じることがメインの事務所もあります。好きな芸能人がどこに所属しているかを確認して応募するのもよいでしょう。事務所の求めるテイストの方が合格可能性は高まります。ある程度方向性が定まれば、それに向けてボイストレーニングを行ったり、ダンスや演技の指導を受けたりと行うべきことが見えてきます。お金をかけて準備するばかりが能ではなく、路上で表現したり、ドラマや映画、演劇などを見たりすることも自分を磨くことにつながります。

Copyright© 2017 オーディションを受ける前に基礎知識をリサーチ|チェック項目を公開 All Rights Reserved.